我が家が差し押さえ・競売になるその前に!任意売却マニュアル@名古屋

任意売却と有効なその他の債務整理方法を比較・紹介

任意売却の大きな2つの特徴

任意売却は場合によっては住宅ローンを完済できる

任意売却は、裁判所等の調査が少なく行なわれるために、ご近所さんに知られることなく、プライバシーポリシーを確保した上で自宅を売却できるという点が大きなメリットです。

また、売却において市場価格に近い値段で売ることができるので、場合によっては住宅ローンを完済できる可能性もあります。

さらに、売却後は新しい住まいに引っ越しをしなければなりませんが、その引越し費用を売却金額から受け取れる可能性もあるので、再出発資金を捻出できるのも大きなメリットです。

もし、住宅ローンが残った場合には、債権者と相談の上無理のない金額で分割返済もできます。

任意売却は必ず成功するわけではない

任意売却の場合は、債権者の了解を得なければなりません。そのため、必ず任意売却ができるとは言い切れないのです。

また、売却経費などの交渉をしないといけないのですが、これをひとりで行うとなるとかなりの時間と体力を使います。

そこで、知識豊富な専門の業者に仲介してもらうことで、債権者との交渉等を行ってくれます。

任意売却の成功率を上げるためにも専門の業者に依頼するのが最適かと思われます。

任意売却以外の2つの債務整理方法

競売は低い金額で売却される可能背もあり得る

競売は、住宅ローンが払えなくなった債務者に対し、債権者が裁判所に申し立てて強制的にかけるもので、債務者から競売を選択するということはほとんどありません。
売却においては不動産鑑定士が金額を算出し、その金額を最低金額として、入札方式で行われ、最も高い金額で入札した人が落札します。

競売はたたき売りに近い形で売却されてしまうため、市場価格よりも大幅に低い金額で落札されてしまうことが大きなデメリットです。
また、住宅ローンの残債が残る可能性が高く、もちろん残債の返済義務も継続します。
一括返済を求められるため、最終的に自己破産するしかなくなるというケースも少なくありません。
立ち退きを余技なくされた後の引越し費用は、もちろん捻出できないため、再出発の費用に困る可能性もあります。

競売は債務者にとってリスクが高い債務整理になります。
しかし、購入者が決まるまでは住み続けることができるため、不動産によっては数年住み続けられる可能性がある点はメリットだといえます。

住宅ローン以外の負債がある場合には個人民事再生も考える

個人民事再生は、住宅ローン以外に負債がある場合、それらを任意整理して住宅ローンを残し、自宅に住み続けながら負債を返済することができる債務整理方法です。
自宅を手放したくない人にはメリットの大きい方法ですが、裁決までに時間がかかることと、住宅ローン以外の債務を3年以内に返済しなければならないため、債務の金額によっては返済のリスクが高い点がデメリットとなります。

 

ホームプランナー

ホームプランナーのサイト画像

地元、名古屋での圧倒的な実績数と真摯な姿勢で地元の人からの信頼も抜群。適正額を見抜く確かな査定力と販売力の高さが人気の秘密。

詳細をチェック

愛英ホーム

愛英ホームのサイト画像

ここ数年で任意売却に力を入れはじめたスピード売却を売りにする業者。売却の際に引っ越し費用を捻出することがこだわり。

詳細をチェック

エステートプランニング

エステートプランニングのサイト画像

元経営コンサルタントの社長が立ち上げた任意売却専門業者。司法書士や弁護士と連携していて無料で相談が可能。

詳細をチェック
 
 
住宅ローンが支払えない! ピンチの時に頼りになる任意売却業者リスト【名古屋版】